看護師さんのためのドレーンの理解と管理講座

胸腔ドレーン

胸腔ドレナージは、胸腔内の陰圧を維持する必要があるという点で、
他の部位のドレナージと根本的な違いがあります。

 

胸腔ドレーンを大気に解放すると、胸腔内の陰圧が保たれなくなり、
胸の虚脱を引き起こします。

 

さらに、感染を起こさないためにも、ドレーン回路は閉鎖することが原則です。

 

ですから、回路の構造を理解し、管理を行う事が必要です。

胸部ドレーンが必要な主な疾患と目的

気胸(自然気胸・外傷性気胸・医原性気胸) 
→ドレナージによって気体を排出し、胸の拡張を促します。

 

胸部外傷など→ドレナージによって気体・液体を排出し、胸の拡張を促します。

 

肺全摘出以外の肺切除(葉切除、部分切除)
→ドレナージによって気体・液体を排出し、胸の拡張を促します。

 

血胸→ドレナージによって液体を排出し、胸の拡張を促します。

 

胸水貯留→ドレナージによって液体を排出し、胸の拡張を促します。

 

膿胸→ドレナージによって液体を排出し、胸の拡張を促します。

気胸 術後ドレーン管理のアセスメント項目

・排液をみる。
・エアリークをみる。
・呼吸性移動をみる。
・皮下気腫をみる。
・全身(呼吸状態、バイタルサイン、痛み、感染徴候)をみる。
・刺入部(固定状況、感染徴候の有無、創からの浸出液の有無)をみる。
・ドレーン回路の確認をする。

膿胸 ドレーン管理のアセスメント項目

・排液をみる。
・全身(呼吸状態、バイタルサイン、痛み、感染徴候)をみる。
・刺入部(固定状況、感染徴候の有無、創からの浸出液の有無)をみる。
・ドレーン回路の確認をする

胸腔ドレーンの挿入部位

気胸の場合、胸腔ドレーンは基本的に前胸部の第2〜第4肋間から挿入するとされています。
しかし、経過によっては手術を行うこともあるので、
その手術を想定し、第7肋間中後方から挿入することも多いです。

 

空気は軽いので、上部に溜まります。
ですから、胸腔ドレーンチューブは、上方に向けて留置します。

 

胸水など液体が貯留している場合は、第7肋間から挿入し、
液体は下方及び背側に貯留するので、ドレーンチューブは後方に向けて留置します。

胸腔のしくみ

胸腔は、胸壁・胸隔・横隔膜に囲まれ閉鎖された空間です。
そして、左右の肺が収まっている胸隔をそれぞれ左胸腔、右胸腔といいます。

 

横隔膜と胸壁の運動によってその容積が変わることにより
肺は膨張したり縮小したりして、換気が行われています。
そして、肺には常に肺胸膜の弾性によって収縮しようとする力が働いているので、
肺を膨らませておくために、胸腔内は常に陰圧(-5-8cmH2O)に保たれています。